時計莫迦一代

tokeibakai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 04日

バセロンコンスタンチン

 ↑ 昔はこうだった筈なのに
 
いつの間にやら、、、、
ヴァシュロン・コンスタンタン
c0126359_1325547.jpg

綺麗時計です。   そのは、、、、、

クロノメーター・ロワイヤル 1907

昨年、
ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史的ピース クロノメーター・ロワイヤル
100周年を記念して世界限定100本のみ発売されたレアピースです。
c0126359_1331167.jpg

c0126359_13313523.jpg

その名に、クロノメーターを頂くだけあって精度への拘りでしょうか、
ジュネーブシールスイスクロノメーター検定協会(COSC)2つの公的機関の
認証を受けた 新型自動巻き式のキャリバー 2460SCC 搭載です。
c0126359_13372773.jpg

スケルトンバックから覗く22金のローターの仕上げも美しいです。

この時計で、、、一番のポイントは
その美しいエナメルの文字盤にあると思います。
このエナメル文字盤、、、、、
非常に手間が掛かる代物です。高温の炉の中で5回から7回も焼かれ
その美しさを重ねていきます。火にかける度に割れてしまったり変色してしまったりと
難しく慎重さが必要な作業によって生み出される工芸品的文字盤と思います。
c0126359_13492078.jpg

この1907 限定版の特徴で一般品との大きな違いは、、、、
     12の文字がバーガンディ・レッド色で焼かれています。
古典的な手法ですが、美しいピンクゴールドのケースに淡く上品に輝くエナメル
そして12時の シンプルですが上品で飽きの来ない素晴らしい出来栄えと思います。

この素晴らしいヴァシュロン世界限定100本の日本入荷分最後の一本が、、
アワーグラス銀座に入荷されたと聞きつけまして
撫で撫でパシャパシャさせて頂きました。
派手さはありませんがシンプルでいて飽きのこない素晴らしい時計と思いました。
何ともいえぬ 色気ってんでしょうか漂う時計です。

こんな渋いのをずぅ~っと使うのも良いなと思います。

      取材&撮影協力 アワーグラス銀座 さま
        ありがとうございました。

by tokeitokeih | 2008-06-04 13:59 | 時計


<< ありがたいことです      帰阪 >>