時計莫迦一代

tokeibakai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 27日

ステンレスのトゥールビヨン

c0126359_8182561.jpg

ジャガールクルト マスタートゥールビヨン SSケース
程好いケースサイズ 気楽に使えるステンレスケース
12時位置のデュアルタイムが少し煩い様な気が??
トゥールビヨンのゲージは大きめで迫力OK!!
文字盤外周の日付をセンターから伸びる針で指す
ポインターデイトですが6時位置のトゥールビヨンの
邪魔にならない様に15日から16日へはジャンプする
楽しい機能付き。 ド派出ではありませんが通好みの
仕上がりです。
ムーブメントの信頼性は、マスターシリーズなので
安心できるとは思います。気になる定価は¥546万
りーずなぶる!?
一応、コンプリケーションに分類されるトゥールビヨン
プログレスエボーシュ採用の安価な物もございますが、
こちらは安心のジャガールクルト自社開発ムーブメント!!
通常の感覚ですと、500万超えの時計がりーずなぶる
とは、、、、決して言えないのでしょうが、昨今の時計ブーム
AP,PPの人気モデルなんかは、確実に定価超!!
ヴィンテージROLEXスポーツなんて、糸の切れた凧状態!!
そんな中、老舗ブランドのトゥールビヨンがこの値段!!
需要と供給の問題なんでしょうが過熱高騰気味のプレミアム
ウォッチも良いですが、こんな渋い時計も良いんじゃないの、、、
と思う時計バカでございます。
皆様は、ど~思いますか?????

by tokeitokeih | 2007-10-27 09:09 | 時計


<< 優れたノベルティー      ツイツイ買ってしまいました。 >>