時計莫迦一代

tokeibakai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 08月 19日

V.Cオーバーシーズ ENGINE限定

c0126359_9195217.jpg

ヴァセロンコンスタンチン&ENGINE誌限定モデルを
見てきました。 日本限定50本の発売と言う事です。
ノーマルモデルとの違いはベゼル、プッシャーロック
竜頭の素材がチタン(サテン仕上げ)です。
文字盤がカーボン素材に赤いレター使用です。
通常12時0分位置に戻るクロノ針が7時37分からの
スタート&リセットです。同様に時間&分積算計の
スタート&リセットも同位置です。ENGINE誌さん
自動車メインの雑誌ですから車のメーターを意識した
レイアウトです。また2時位置のスタートプッシャーの
内側ベゼルにENGINE STARTの刻印です。
パッ、、、と見は非常にカッコいいなと感じましたが
ノーマルモデルと並べてみるとポリッシュ仕上げの
ノーマルステンレスベゼルに較べ限定モデルの
サテン仕上げチタンベゼルでは時計の大きさが違う
のでは、、、、、という位、外観が違って見ええます。
限定モデルの方が締まっていて小さく感じます。
私は迫力に欠けるとノーマルモデルの外観に軍配です。
文字盤のカーボン&赤字レターは昨今のトレンドであり
私は好きです。通常のクロノグラフにはないスタート&
リセット位置は楽しい感じではありますが、果たして
それで良いのか?、、、、クロノグラフ使用時に積算時間
を瞬時に判断出来ないと思いますが、、、、デザイン優先
の為、クロノグラフ本来の性能を犠牲にしている様な気が!
ベゼル2時位置のENGINE STARTの刻印も私には?です。
プラスチック&クォーツ式のプレゼント用のモデルとしての
デザインならば面白いなと思いますが、
老舗メーカーの200万円アップの時計では、、、、、、
この時計、通常モデルの200万チョイ切れ定価から、
なんと!70万円近く高い267万円という定価設定です。
私としては通常モデルに特別仕様変更をオーダーした
特別仕様であって、特別な限定品とは違う様な気が!
限定物は大好物ですが本品には食指が伸びません。
ヴァセロンも好きです。ENGINE誌もスタイリッシュな
自動車雑誌として楽しませてもらっていますが、
今回、こちらの時計はパスさせて頂きました。

by tokeitokeih | 2007-08-19 09:55 | 時計 | Trackback
トラックバックURL : http://tokeibakai.exblog.jp/tb/6752910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 移動日      アリンギ >>